朝はこれ!
a0094090_20222715.jpg
日ごろは仕事を終えてから夕食を作るので、どうしても簡単に出来るパスタや炒め物に頼りがち・・・なので家族そろっての朝食は必ず、和食と決めています。ご飯、納豆、お味噌汁、野菜炒め、漬物、そして、焼き魚・・これが定番メニューです。
その我が家の朝食に欠かしたくないさかなの干物がこれ!(写真)はアジの干物の片身、写真ではいまいち分からないと思いますが、とっても大きくてプリプリの食感、何杯でもご飯がいけちゃいます。門司港レトロにある、「じじや」さんの干物です。
干物なんてどこでもあるのになぜこんなに特別に美味しいのか?それはなんでも特性の塩汁にあるんだそうです。老舗のラーメンやさんや、アナゴの名店などでは、スープやたれを創業当時から、捨てずに継ぎ足すなんて話をよく聞きますが、このじじやさんもまさにこの製法・・。毎日色んなお魚をつけている塩汁を捨てずに育てているんだそうです。
しかも添加物、保存料一切はいっていません。家庭ではつくれないじじやさんだけの味。
生のよさをいかして、半生っぽいので、焼くだけじゃなく、フライやお吸い物などに入れても美味しいそうです。シンプルで昔からあるものだけに食べたとき必ず感激すると思いますよ~
しかもここの大将がまたユニーク!!めんたいワイドの中継などで何度もおせわになりましたが、この地元門司の活性化のために、1肌も2肌も脱いでいる、あったかい方です。
門司といえばバナナの叩き売り、発祥の地ですが、バナナマンというキャラクターを考えたり年に何度もふぐやバナナを使った面白いイベントを企画したりなんだかパワーをいただける、そんな男性です。そんな彼が考案したバナナまん、そして(写真)はバナナマンシール、開運のありがたいシールなんだそうで、今干物を取り寄せするともれなくついてます。
a0094090_20511371.jpg
[PR]
by yukiko0904jp | 2007-01-14 20:46 | 食、ベジタブルアンドフルーツ
<< 旬の野菜 感激・・・観劇、パート2 >>