<   2006年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧
omiyage
a0094090_2382696.jpg
めんたいワイド水曜日のコメンテーター、とこさんが台湾に仕事でいってきたらしく、お土産にパイナップルケーキを下さいました。しかしもってきた彼女が言い放った一言、それは「これ味はそんなにおいしくないからね!期待しないで、でも食べて!」自分が持ってきたお土産をこうもけなす人は珍しい・・・だってお土産って自分のセンスが思いっきりでてしまうから、なるべくおいしいと評判のものにしたり、可能だったら試食をしたりして、吟味するでしょ?彼女の言い方はそれこそ「まずいけど食べて!」くらいの勢いだ!
でもまずいのに食べて?なんで?普通そうおもいますよね~?
彼女の次のコメントで謎がとけた!?
「これ味は関係ないのよ!でも食べたら、運がよくなるから・・・」なるほど・・・風水か・・・・。
そう、彼女、自他共に認める、風水マニア(マニアとはいわないかしら?)あのDR,コパさんともお友達で本人自ら、「私はDR、とこだから!!」なんでいつもおっしゃっているとにかく風水のことなら今年のラッキーカラーから方角、なんでもござれ!!である。
彼女が言うには、今年は南西の方角にいくといいらしい・・・(来年2月まで)台湾は日本からちょうどラッキーな方向らしく、その土地の食べ物(お土産)にはパワーがあるらしい・・・から食べなさいという事。箱のカラーもびっくりの風水のラッキーカラー黄色である。一口おそるおそる口に運ぶとパインの香りと素朴な甘さがおいしい!単純な私は確かに体中にパワーがみなぎる気さえしてくる!「おいしいですよ!」といったら、「まぁ台湾のお土産では有名なお菓子なんだってさ!」なぁんだ最初から言ってくださいよ~前ふりから想像するに激まずい!!ってのを覚悟しちゃったじゃないですか!

最近とこさんに刺激され、毎日玄関やトイレ掃除をしたり、冷蔵庫のドアに何も貼らないようにしたり、(風水では清潔にすることが第一、冷蔵庫のドアはマグネットなどでいろいろ貼り付けるのは禁物)なんだか風水が気になる私です。

そして、キャナルにある、コパショップにたまらなく惹かれる・・・ちなみにとこさんは勿論、常連で、キャナルで待ち合わせをする際は必ず、このコパショップらしい・・・・。8角形の鏡・・・欲しいなぁ・・・・。
[PR]
by yukiko0904jp | 2006-11-29 23:37 | その他
市長!?
a0094090_002286.jpgめんたいワイドの取材で先日武雄に行ってきました。正しくは旅のコースに武雄が含まれていて途中立ち寄ったんです。

その目的は「ゆほほ」という武雄の物産館で販売されている、温泉水を使った、スプレータイプの化粧水(私が手に持っているもの)が発売と同時に売り切れる程の大評判との噂を聞きつけ入手すべく伺ったのです。
その噂は本当で、一本残らず売れてしまって全くありません。がっくり肩を落とす私に声をかけてきたのが(写真)の方。この方じつは・・・武雄市長だったんです!!
しかも「はい!これ、あげる!」とまるで子供におもちゃをあげるようにくれた紙切れ、それは名刺で、そこに書かれていた文字が、市長・・・・・ですから、びっくりです。

気さくで独特の世界観をもつ市長・・・正直こんな市長初めてです。
でもこの方、現在武雄の町を活性化するために、日々様々な努力をされている熱~い市長だったんです。頭の中にある構想は山ほどあるらしく、いろいろお聞きしましたが、話のテンポが早いのと、私にとっては難しいお話ですべては理解できませんでした。
それもそのはず、この市長実は東大を卒業後、総務省にお勤めだったそうでそもそも頭の出来が違う?と感じてしまうくらいのアイデアに満ち溢れていらっしゃいます。なんでも現在36歳、全国で二番目に若い市長なんだそう。考えてみれば武雄は近年おしくらまんじゅう大会なんてユニークなイベントを企画していますがこれも仕掛け人は実はこの方・・。
あの大ヒットした島田洋七さんの映画「佐賀のがばいばあちゃん」はこの武雄で撮影が行われたそうですが、それもこの市長が皆さんに声がけをして実現させたとか・・・結果的に映画はヒットしましたが、提案したとき、市としてはお金もかなりかかるでしょうからリスクを考えたら反対する人がでてきそうなものです。でも市長さんは「武雄の人はみんないい人でね!これ、やろう!といったらみんな力を合わせて賛同してくれるんですよ!」とおっしゃっていました。でもそれは何事も実現してしまうパワーにきっと賛同しているからなんですよね!
撮影の際に泉ピン子さんとお友達になり今後、彼女独自のネットワークでクイズミリオネア、そして笑っていいともに出演が決定しているという何から何まで独自の道を行く樋渡市長、今後の活動からいえ、武雄から目がはなせません!!町のみんなが元気になるそんな市長、万歳です。
[PR]
by yukiko0904jp | 2006-11-27 22:43 | 仕事
すごい人
a0094090_20322144.jpg今日友人から「西川のブログは食のネタが多すぎ!仕事してない人みたいよ!」との指摘を受けた。「だって私の生活の中で食に関する事が一番ネタがおおいんだもの」というと「いろいろ芸能人にも会うだろうし、番組の裏側とかさぁ、聞きたいじゃない!」といわれた。そんなものですかね?だからというわけではないが、先日世界的にも有名なアコーディオニストのKOBAさんにお会いした。(ナイトシャッフルのおもてなしグルメのリポーターとして)

実はCDは一枚だけだがもっているし、あのおしゃれ関係で手紙を読むコーナーのBGMは今でも少し聞くだけで、意味なく涙ぐんでしまうし会ってみたい音楽家の一人でした。でも、アーティストってきっと気難しいんだろうなぁ~って緊張していたら、彼はとっても気さくで話しやすい人、でもただ単にいい人って訳じゃない、独特の世界観、価値観に満ち溢れているまさに生き方そのものがアーティスト、感覚で生きている人なんだな~ってかんじました。
だってそもそも日本でプロのアコーディオン奏者になろうなんて普通考えますか?驚くのが彼は高校卒業と同時にイタリアにアコーディオン留学しているんです。その経緯がまたすごい!イタリアのアコーディオンを作っている会社に英語でいかに自分がアコーディオンが好きか、綴ったそうなんです。するとその会社から、「イタリアに来て勉強すべきだ!」という手紙が届き、そこで高校卒業を待たずしてイタリアに留学したんだそうです。勿論ご両親にも反対されたそうですが、迷いはなかったそう・・・この行動力こそすべてですよね!行動しなければなにも始まらない。宝くじだって買わなくちゃあたらないですもんね!?ん?ちょっと違いますかね?

おもてなしの最中、彼の軽快なジョークを交えたトークに、私がおもてなしされているようでした。そしてとっても食通、イタリアンのお店にお連れしたんですが、一口食べるだけで、材料、調理方法、どこの産地に伝わるものか・・・などなどなんでもわかっていらっしゃる。「これは北部のお料理だけど、ソースは南部に近い、これは九州のお店だから?シェフのオリジナル?」なんて具合。その食にたいするこだわりは凄くて、世界各国、演奏ツアーの際に出会った おいしい野菜の種を直接農家の方から譲ってもらって、自家菜園で栽培し、いまやその野菜を使ったレストランも手がけていらっしゃるそうです。いつか行ってみたいな~そのレストラン!(いけないっ、また食のネタになってしまう・・・)

デビュー15周年のKOBAさん、今年世界で毎年たった一人のリード楽器演奏者に送られるウォーチェ・ドーロ賞というとてつもない凄い賞を日本人で初めて受賞され、アルバム「BOY」もリリース、躍動的でモダンなメロディーはたまりません。主人や子供が寝てからワインを飲みながら聞くのが最近のお気に入りの時間。このアルバムをひっさげての全国ツアーも予定されています。行かなくては・・・・です。
[PR]
by yukiko0904jp | 2006-11-26 21:19 | 仕事
おいしい~
a0094090_23482718.jpg
最近お料理教室づいてます。今日は毎月お邪魔している教室で、毎回日本料理、イタリアン、フレンチなどテーマがあり、食卓にこのまま出せば完璧なメニュー仕立てになってるのが、嬉しい。今回は中華。

とにかく(写真)の石焼に入っている、海鮮おこげがおいしい!
以前、あるお店で頂いた海鮮おこげがおいしくって、忘れられなかったんだけれど、今回のを食べて、衝撃をうけました。そのお店のものよりおいしい!
ちなみに、あるお店では確か4000円近い金額でした。家庭で作れるんだったら、これは間違いなく我が家の定番メニューになりそうです。
石鍋に入っていますから、混ぜたときにジューという音とともに、香ばしいオイスターソースの焦げる匂いがたまりません!まぜまぜする楽しいイベントは子供だってたまらないはず・・・。

そのほかシュウマイにあえもの、マーラカオ、どれもこれも家庭でもこんなにおいしい中華が作れるんだ~って感動しちゃいます。しかも驚くのがこのメニューすべて先生のオリジナルレシピ!彼女はテーマを決めると毎回色んなお店を食べ歩き、これだ!と思った味に近づくべく日夜家族に試食してもらいなるべく簡単な方法で味を再現させる努力をするそうです。

勿論一流のお店にいけばやっぱり家では再現できない味や技がありますが、そんなのはたまの贅沢でお店でたべればいいじゃないですか!この教室でのレシピは今までの家庭料理をワンランクアップさせた感じ、ちょっとおしゃれで、家庭料理の達人になった気がするのがミソ!
お料理が嫌いという人の大半が「きっと私がつくってもおいしくないから・・・」というコンプレックスをもっていると思います。一度でも「うわ~おいしい!また作って!」といわれた経験がある人はまたその言葉が聞きたくて、台所に立つんじゃないかしら?
なによりもご飯を食べたときの家族の笑顔を知っている先生ならではのレシピ。
このレシピで何人がお料理好きになり、そしてその家族何人が食卓で幸せの笑顔をほころばせてているんだろう~?

先生の気負いのない笑顔に我が家の食卓も見守られているな~と感謝です。
M先生今月もありがとうよ~!
[PR]
by yukiko0904jp | 2006-11-25 00:20 | 食、ベジタブルアンドフルーツ
韓国料理
a0094090_02296.jpg
先日楽しみにしていた友人のお料理教室にいってきました。
韓国に留学していた友人なので勿論韓国料理です。彼女は本格的に韓国の宮廷料理なども学んでいたので、写真のような、美しいお料理も特別に作ってくれました。
ただ、このお料理が韓国ではどんな時に食べられるかは、知りません!いや、彼女は確か、一生懸命教えてくれていたんです・・・確か・・そのはず・・・。というのもこのお料理教室はサロンスタイル(少数)なので、昔から知っている友達ばかりでこの日の教室を設定してもらった所、まるでプチ同窓会のような雰囲気になってしまい、飲みながら、みんな教室に参加していたんです。あまりの楽しさに話を聞いていなかったんですかね~。それとも酔っ払っていたんですかね~、いずれにしても、ごめんね!Nちゃん!

しかし、このお料理はさっぱり覚えていませんが、食卓にかなりの頻度で登場しそうな、チゲや韓国風漬物、ヘルシーな餃子などはしっかりメモしてマスターしてきました。特に前々から大好きでぜひとも作り方を教わりたかったエゴマの葉の漬物は彼女のアレンジでさらに日本人好みに改良されていて、たまらないおいしさです。

次回の教室のメニューはなんとキムチ・・・なんでも日本の白菜は鍋好きな日本人にあわせて、かなり水分が多く改良されていてキムチづくりには向かないらしい・・・。何度も作って水分量が多い日本の白菜ならではのおいしさを生かしたキムチづくりを教えてくれるらしい・・・。

白菜丸ごとキムチつくっても食べきれない気がするが、納豆と同じ醗酵食品だけに毎日少しづつでも食べようと思う。だって肌がきれいになるんですよね~醗酵食品って!先生の彼女は毎日何らかの料理方法でキムチを食べるらしい、確かに彼女の肌の美しさに見入ってしまう。
昔から彼女をしっているので、もともと綺麗なのは承知のうえだが、さらにハリや弾力が増しているのは間違いない!美しくなるには、高い化粧品やエステばかりにたよってもいけないんだな~とツルンと光る彼女の額をみて頷く私です。
[PR]
by yukiko0904jp | 2006-11-24 00:58 | 食、ベジタブルアンドフルーツ
お弁当
a0094090_043090.jpgもともとキャラ弁ことキャラクター弁当にはどちらかというと反対派でした。それは見た目より、栄養のバランスがとれたお弁当のほうがいいにきまってる!と思っているから・・・。
でも友人にキャラ弁の達人がいて、彼女の話を聞いて、私って頭が固いな~と考えさせられました。その彼女、なぜキャラ弁にはまったか・・・そもそも彼女の子供は食が細く、ご飯をほとんど食べなかったそうです。そこで、キャラクターの弁当を作ってみた所、少しずつ食に関心が出てきて、好き嫌いなく何でもたべるようになったんだそうです。よく考えたら、キャラ弁だからって栄養のバランスがとれてないはず!なんて私の偏見以外のなにものでもありませんよね。つくづく反省です。だってその達人の域を誇る(キャラ弁)彼女はお出汁の鰹節、今どき桐の鰹ぶしけずりで毎日けずっているくらい家族の健康を考えている主婦なんだもの・・・。

うちの子供はお蔭様で好き嫌いなく本当によく食べますが、そんな彼女に刺激され、いつかは作ってみたいな~キャラ弁、正確にはキャラ弁をみて喜ぶ子供の顔がみたいな~っておもっていました。
基本的にお弁当が必要ではないのですが、年に何回かお弁当持参の日があります。
前回のお弁当の日には弁当の中に入れる仕切りのカップやかわいらしい包み紙などうっかり準備しわすれ、かなりアダルトな見た目になってしまい、その反省から、アンパンマンの爪楊枝やら、カップやらデザート用のタッパーなど事前に買っていつでもOK状態です。

で、一作目のキャラ弁が(写真)です。
アンパンマンの土台となる顔はチキンライス、鼻はチーズ、ほっぺは小さなトマト、目や口はのりを切り抜いて作りました。
我ながら初めての割にはなかなか上手く出来たんじゃないかな~と満足です。
後は子供のジャッジを待つばかり・・・・ここで大きな問題!それは・・・・私はお弁当を開ける瞬間には立ち会えないって事、忘れていました。でもお迎えにいって先生に喜んでいたか聞いてみたらわかることですから、運命のジャッジはその時です。
おそるおそる先生に尋ねて帰ってきた言葉、「楽しそうにワーワー言って食べていましたよ!」
そ・それだけ?キャラ弁は?アンパンマンは?こらえきれずに「あのー今日アンパンマンの顔作ってみてたんですけど・・・」「あー大変ですね、えらいですよねー」。なんだか消化不良。別に先生にほめて欲しい訳でもないけれど、そんなものなのか!?・・・私の想像では、いや、理想の返事はこれ!「開けた瞬間、アンパンマン!って言って喜んでパクパク食べてましたよ!」もしくは「みんなからいいな~って羨ましがられて得意げでしたよ!」こんな感じ。
でも、まぁ、いいんです。やっぱり一番は子供自身の感想ですから、どきどきする胸の鼓動を抑えながら聞いてみます。「ね~お弁当どうだった?」「うん!おいしかったよ!」じゃなくて・・・。
もう一度チャレンジ、「ね~お弁当開けたら誰かいなかった?」「う~ん、まおちゃんとぉ、りゅうくんとぉ食べたよ~」だから違うって!!もう一度チャレンジ!「あのね、お弁当開けたら、大好きな、ア・ア・アンパンマンいたでしょう?」かなりの間があって、「え~っ?いなかったでしょ?」だから君に聞いてるんだって!!ってな調子で実際アンパンマンと認識してくれたかどうかは定かではありませんが、お弁当箱のふたを開けたらすべてからっぽ!きれいに食べてくれているのを見てジーンと感動していまいました。子供が最初に言った「うん!おいしかったよ!」この言葉に喜んでくれたすべてが集約されていたんですよね!なのに私ときたら、まさに愛情の押し売り、どうでもいいことにこだわっていたんですね~。キャラ弁を作ったのはあくまでも自己満足です。勝手に作っておいて、感動を強要しちゃいけませんね。子育ては本当に自分自身の成長の場ですな。
[PR]
by yukiko0904jp | 2006-11-23 00:54 | 育児
豆腐
a0094090_0535373.jpg
ついに食べた!随分前から話題の豆腐。いつもいつも売り切れでなかなか口に入れることができなっかた豆腐・・・しかし、高いね!いい値段。豆腐はまさに日本の庶民の味でしょ!その豆腐にこれだけのお金払うんだから、そりゃおいしいでしょ。いや、おいしくなくっちゃ、許さない!です。その強気の商売、しっかり味あわせていただきますよ!

食べ方は本来の味がわかるように、お醤油をちょっとだけ、薬味も使いません!
まずは「男」豆腐、あけるとぷーんと大豆の香り口に含むと・・・「うん!濃い、まさに大豆、しっかりした味わいに「男」というネーミングもうなずける。
そして、「風に吹かれて~」はまずパッケージがとってもキュート、二つに小分けされている使い勝手のよさも心憎い演出だ・・・「こ・これは、なんだ!」が始めの感想。だってプリンのように滑らかでツルンとしてプルンとして、これは豆腐にはなかった舌触り。黒糖などをかけたら、デザートになるくらい!
納得です。このお値段、お高いのにいっつも売りきれているはずです。

そういえばこの豆腐を作っている会社は「バリバリバリュー」に出ていたけれど、社長さんも社風もとってもユニークで独自の発想で豆腐をつくっていた、しかもCDも発売していて正直歌はあんまりお上手とは言えないが、人様に笑われるかも知れない事をエネルギーで実現させてしまう行動力を持っている人って凄い!

だって普通考えたら、この豆腐、パッケージ、ネーミング、お値段、どれをとっても発売当時はありえない~と豆腐業界の方は思ったに違いない。

固定概念をなくして、いろんなことに取り組むってどんな世界でもとっても大切、そのためには人にどう思われたって、自分を信じてあげる事ですよね。
まずは自分が自分を好きになってあげないと誰も信じてくれないし、好きになってもらえませんものね!
[PR]
by yukiko0904jp | 2006-11-21 01:20 | グルメ
もつ鍋?
a0094090_2217557.jpg博多の食文化に欠かせないもつ鍋に今変化がおきているらしい。ゴマをたっぷり入れた香りのいい鍋や、あぶった豚足をいれてコラーゲンたっぷりのお鍋にしたり、特に女性にうけているらしい・・・・本当に様々だけれど私が感動したもつ鍋が、ここ!南区、寺塚の「梅の色月」もつ鍋は塩味と味噌味、私は塩味を頂いたけれど、本当にあっさりしているんだけれど、しっかりしたうまみにうなずいてしまう、なんでも海老出汁がはいっているらしい・・・もつ鍋に海老?新しい!

こういう新しい試みをするお店というのは一品料理、アラカルトもおいしいと相場は決まっている!で、注文したのが、(写真)の肉じゃが。
これが本当にすごい!まず、その食材。じゃがいもは北海道のいんかの目覚め、これ、なかなか手に入らない貴重品。にんじんは熊本のジュースにしてもおいしい糖度の高いもの。とにかくこの一皿に究極の品々が勢ぞろい。素材がいいから、勿論調理方法は丸ごと、皮ごと、煮込まれています。まさにマクロビオティっクの極意です。口に含んだ瞬間、うなってしまいました。素材のうまさは勿論、大将の腕も一流。この最高の食材のよさをそれぞれひきだしていて「これは一皿3000円とれますね!」って大将にいっちゃいました。ちなみにうちの主人は「こんな旨いにんじんを食べた事はない!」と感動していました。

とにかく、もつ鍋、肉じゃがに限らず、メニューのすべてに失敗がない、そんなお店、しかも最後に言っておきますが、お店の雰囲気もシックで素敵、従業員の方もとってもかんじがいい。完璧です。あ~ぁ、でもこのブログにも書かず、TVにも出なかったら、いつでも予約とれるかな~って思っちゃいます。お気に入りの店って本当は人に言いたくないものですね!
[PR]
by yukiko0904jp | 2006-11-18 21:08 | グルメ
料理酒
a0094090_2332268.jpgお料理に欠かせない、さしすせそといえば調味料ですが、今まで何気なく選んでいました。しかしぜんぜん味がちがうんですよね~ううん!そのものの味ではなく、正確には料理の出来上がりの味がちがうんですよね!たとえば、特売で200円のしょうゆと1000円の醤油、単純に考えて、1000円の醤油がおいしいはず・・・わかっているけど、そう違わないんじゃないの?って今まで思っていました。
ですが先日魚の煮付けを作って、びっくりするほど味に違いがでました。

もともと魚の煮付けがあんまり得意じゃなかった私・・・いつも目分量で醤油やお酒を入れてつくっていました!だけどめんたいワイド、なだ万の長谷川料理長に教えて頂いたレシピで作ってみたところ、これが完璧!とってもおいしい!今では我が家の黄金レシピになりました。

分量はご覧の通り、水150CC,酒150CC,みりん、しょうゆ各60CC、砂糖大2、しょうがお好みです。特徴はなんといってもお酒をケチらないこと!後はお好みや魚の種類によって、砂糖をふやしたり、みりんを入れたり改良するだけ・・・。毎回このレシピで作っているんですから、毎回おいしい。でもあるとき、(写真)の料理酒でつくってみたら、これまたびっくりです。
もともと満足していた煮魚ですがな・な・なんと料亭の味に・・・!なぁんて、ちょっとおおげさかもしれませんが、本当に違うんです。煮汁がなんともとろ~りとして、まるでアラダキのようなまろやかなコクです。それもそのはずこの料理酒こだわりのお酒だったのです。
もともと京都の有名な地酒やさん、澤屋、まつもとの料理酒として開発されたお酒なんだそうで、びっくりするのがうまみの元でもあるアミノ酸の量、なんと通常の日本酒の6倍も含まれているんだそう。
料理に使った場合、アルコールは気化して無くなりますが、このアミノ酸は加熱しても残りますから、レシピの3分の1にお酒の量をへらしてもアミノ酸の量は倍あるというわけです。
実際レシピの2分の1の量にお酒を減らしても本当に満足のお料理が出来上がります。

確かにちょっと高いですが、外食することを考えたら、安いもの、こういう贅沢はするべきなんじゃないかな~って思います。ほんと!だまされたと思って一回使ってみてください。あまりのオイシサにうちは1週間毎日魚の煮付が食卓に登場したくらい!
あっ!勿論魚以外なんでもおいしくできますからね~。
[PR]
by yukiko0904jp | 2006-11-16 23:32 | 食、ベジタブルアンドフルーツ
ワインクーラー
a0094090_22201712.jpg
最近買ったお気に入り!ワインクーラーです。めんたいワイドのおしゃれスタッフはまちゃんから、「西川さん、鳥栖プレミアムアウトレットのボダムのプラスチック製のワインクーラーいいですよ!」と教えてもらったのがきっかけです。氷をいれなくてもずっとひえたシャンパンやワインを楽しむことができるこのアイテム、一目見て即購入決定!です。ですが、
家にかえってきて大急ぎで箱をあけてみると・・・・・「あちゃ!私は透明のタイプを買ったのに~!」箱に描かれている写真はすべて透明タイプで、実は5色程色があったんです。私がたまたま手に取った色が赤だったという事でうちの内装の雰囲気には全くマッチしないワインクーラーが仲間入りしました。まぁ、今ではこの色もなかないいかなぁ・・と思っていますが、とにかくシャンパン好きな私たちにとって、なくてはならない必需品になりました。
[PR]
by yukiko0904jp | 2006-11-14 22:35 | その他