akogare
a0094090_2271989.jpg
元FBSのアナウンサーで現在はフリーアナウンサーとして東京で活躍していらっしゃる堤信子さんが本日のめんたいワイドのゲストです。私は直接お会いするのは2度目なんですが、その度に素敵な女性だな~と心底感動してしまいます。私の憧れの女性の一人です。

堤信子さんといえば、FBSのアナウンサー時代は福岡の「ズームイン朝」の顔でした、私も拝見させていただいていましたのでずうずうしくも私の中で彼女は「のんちゃん!」です。(本人にはいえませんでしたが・・・・)その後、「ズームインスーパー」や「はなまるマーケット」など、大活躍!今回は彼女が執筆された2冊目の著書のご紹介でいらっしゃいました。

だいたい本を出す!という事だけでもすごい!と思うんですか、彼女の本は女性として人間として、尊敬するポイント盛りだくさんです。今回の本のタイトルは「ありがとう」の届け方」。のんちゃんいわく、感謝上手になる事が幸せへの近道なんだそうです。ありがとうと思えるポイントを見つけ、絶妙のタイミングでそのありがとうを伝える気持ちを簡単な方法で伝える。数々のTV番組などで出会った人、その数1万人以上、様々な分野の素敵な方から得た感謝上手になる方法が紹介されています。

たとえば、贈り物をする際や何か頂き物をした際にお手紙を書くことって誰にでもありますよね~。私は正直本当に苦手・・・。「お礼状をかくくらいなら、何にもくれなくっていいや!」極端だけどそう思うこともしばしば・・・。でもノンちゃんの本にはそのお礼状を書くことがもしかしたら楽しくなるかも?っていう技が紹介されています。
それはオリジナルの便箋をつくってみる、だとか、書く人に合わせた、ペンで書くとか、もらう人がわくわくするような、サプライズを作るとか、読んでいるともらった人が受け取った時の感激が創造できるくらいです。だって送るこちらがわくわくしちゃってるんですから、もらう人のわくわく感はさらにさらにわくわくすること間違いなしですよね!
面倒くさいことから、サプライズ!な事にする、まさに発想の転換、目からうろこです。
彼女の本を読んでいると私が日ごろ思う面倒くさい家事や整理整頓に、そんなサプライズやわくわくが満ち溢れています。紹介されている100以上の「ありがとうの届け方」は彼女の生き方がどんな物事でも楽しく、そしてであった人に常に感謝している、いろんなありがとうを敏感にキャッチしようというポジティブな考え方があってこそですよね。
道端に咲いている、雑草も気づかずに通り過ぎてしまえば、それまでですが、「こんなところにあら、きれい!なんて花なの?」って気がつく事でその花は生きてきます。
何気ない日常で、見過ごしがちなありがとうの気持ちをたくさんキャッチできれば、私も憧れの女性のんちゃんに一歩近づく事でできるかも・・・・と感じました。

まずはそのノンちゃんに今日のお礼を私なりの方法で伝えたいな~って思案中です!
[PR]
by yukiko0904jp | 2006-11-13 22:08 | 仕事
<< ワインクーラー アレルギー >>